飯高茂 教授

数学者、学習院大学教授 / 飯高茂 氏

1942年千葉県生まれ。1967年東京大学大学院理学系研究科修士課程修了、理学博士。日本数学会彌永賞、日本学士院賞を受賞。日本数学会理事長、日本数学教育学会理事などを歴任。現在学習院大学教授。

学生時代

やはり学生時代から数学は好きでしたね。具体的に「数学LOVE」なんて気持ちになったのは高校1年の時です。このときの代数の先生が数学の神髄を教えてくれました。先生は例え話もうまくてぐいぐい数学に引き込まれました。この先生の授業中は時の経つのが切なくてしょうがなかったくらいです。高校時代にはクラスメイトが私のところに数学の質問に来て「先生より飯高の説明のほうが分かりやすい」なんて言うんです。そりゃそうだと思いました。だって先生は完全に分かっている状態で説明しているけれど、私は何も分からない学生とまったく同じ視点で説明しているわけだから。そんなことがあって数学の先生になりたいと思うようになり、数学を専攻できる学部に入りました。大学に入ってみるとすごく頭のいい人たちがいました。そういう人たちと一緒に神田の本屋さんにシュプリンガーの黄表紙本を見に行ったり、専門の勉強をしたりしてました。そうやって、どんどん先のことを勉強できたのはとてもよかったと思います。

数学は直観が命

私の先生に小平邦彦という偉大な数学者がいらっしゃるのですが、小平先生がご自分の娘さんから数学の質問をされて、教えたそうなのですが、数学の話がまるで通じなかったそうです。その時、小平先生はこう思ったそうです。「色の感覚がない人に色のことを教えても分からないように、数覚のない人に数学を教えても理解できない。」小平先生のおっしゃる数覚というのは要するに数学における感覚や直観のことで数学と読み方が似ていてシャレになっているんですね(笑)。しかし、私も数覚は大切だとは思うのですが、それは誰にでも元々あって磨くことができるものだと思うんです。じゃあどうすれば磨けるのか気になるところかもしれませんが、それは次の数学教育のついての話の中で紹介しましょう。

Page 1 Page 2 Page 3

掲載:2010年09月09日   category:予備校・教育

tag:, , , , , , , ,

あわせて読みたい「予備校・教育」の関連記事