青木健太 氏

行動に移すことの価値

先ほどの話の延長線上ですが、何かを始める前に漠然と抱く悩みよりも、実際に行動に移してからの悩みのほうが、具体的で、価値があると思います。 明日入金がないと会社がつぶれるみたいな悩みのほうが、(始まる前に)うまくこの事業の売り上げが上がらなかったらどうしようみたいな漠然とした悩みよりも、よっぽど成長できる可能性があるわけですよ。 始めると毎日のように困難があるので、一つ一つ問題を解決していって乗り越えていくしかないじゃないですか。それはすごく成長していく糧になっていると思います。 でも始める前は、色々妄想して、色々怖がるじゃないですか。うまくいかなかったらどうしようとか。人がいなかったらどうしようとか。この仲間がやめちゃったらどうしようとか。そういうのは大体において妄想なので。妄想ではあまり成長できないんですよ。具体的な悩みじゃないですから、どうしようもないし。どっかでどうしようもないなって思うしかないんです。 腹を決めて、前に進んでからの成長のほうがよっぽど成長できるし。さっきもいったように失敗しても別に大きな問題もないので。変な悩みや不安を抱えるくらいだったら、誰かに相談するなりして、おもいっきりそそのかされてやってみるぐらいのほうがいいんじゃないでしょうか。

MESSAGE FOR READERS

自分のやりたいことをやってほしいですよね。本気でやれることしかやってほしくないです。心の底から将来やりたいことをいろんな人に言い続けていけば、応援してくれる人は絶対現れるんで。もちろんやめろ、やめろっていう人も結構いるんですけど、応援してくれる人も出てくるはずで。 やっぱり、決め手は人ですよね。人。こいつは、やりきりそうだとか。逃げなさそうだとか。人がついてきそうだとか。成長しそうだとか。成長に貪欲だとか。そういうことを見られます。だから腹が決まっている人だったら、支援してくれる人は出てくるわけです。 なんとなくの他人の価値観で働いていると、時間はすぐ失われるので。例えば、10年ぐらい働いてみて、「この会社で部長になるってことは全然自分の目指してたことじゃなかったんだ」と気づいても結構もったいないじゃないですか。もちろんそれからでも遅くはないんだけど、つらいじゃないですか。あぁなんか年収一千万超えたと思ったら、全然幸せじゃなかったとかね。実際に先日、友達にそういう相談されたんですけど。そこだけじゃないって言ったのにみたいな感じで話してたんですけど(笑) やっぱりそんなことより、好きな仕事をして成長していって好きな仲間とやっていることのほうが、全然楽しいんです。日々楽しく働くためにも、自分の価値観に合うことを探りながらやっていって欲しいです。もちろん、変わっていって良いので。事業も変わるし、人も変わるし。自分のワクワクに正直でいてほしいです。

関係サイト

NPO法人かものはしプロジェクト

Page 1 Page 2 Page 3