鍵山秀三郎 相談役

社会への希望

うちでは営業成績というものは社員評価の対象に入っていません。そういうことをする仕組みができてないんです。でも一番評価としてはやりやすいですよね。例えばね、学校では試験の点数で子供を評価していますよね。何故かというと、それが一番楽だからです。だけどその子供にも、まじめであるとか、正義感があるだとか、そういう、試験の点数には表れないものがあるわけですよ。しかしそういうものを評価しようとしたら大変ですよね、不公平も出るでしょうし。だからつい、試験の点数だけで評価しがちになってしまいます。会社にしてもね、ほとんどの会社がいくら利益を上げたかっていう基準で評価していますよね。その結果、今の日本の社会を見たら分かるように、みんな心が荒れている、街を歩いていても険しい顔をしているでしょう。最近は本当に悪質な殺人事件とか多いでしょう。そういう事件がいつ起こってもおかしくない社会になっているということですね。そういう土壌ができてしまっているのですよ。私は早くからこういう社会が来ることを予見して、絶対そういう風にならないようにしなければと思っていたのですが、残念ながらそういうことに気づける人が少なかったんです。気づいても第三者の他人事のように警告を発したくらいで、「ほら俺の言ったとおりになったじゃないか」というくらいで、何をやったかというと何もしていない人は多いですよ。私は、そうはなりたくない、自分のわずかな力でもやれることはしようと思ったんです。

MESSAGE FOR READERS

人間にとって学問はですね、果てしなく大事なものです。しかし、頭に知識を蓄えただけでは、多額の貯金を持って死んでしまうようなものです。やっぱり、蓄えたものを自分の手足を使い実践をし、表現していく、これがとても大切ですね。どんなに博学で、百科事典すべてを頭に入れていても、頭の中においているだけでは意味がない。仮に、知識の面で他人に劣っていても、持っている知識を行動に移す。これを私は皆さんにお願いしたいです。

関係サイト

株式会社イエローハット
日本を美しくする会 掃除に学ぶ会 公式サイト

Page 1 Page 2 Page 3

掲載:2008年12月15日   category:ベンチャー

tag:, , , , ,