鈴木敦子 代表

MESSAGE FOR READERS

最近の学生の中には、ゼミの調べものなどでインターネット上のどこかの情報をそのまま写して、うまく纏めて提出するような人たちが少なくありません。そういう、小手先で器用に物事を完結させて満足している人たちに特に言いたいのは、野心を持ってほしいということ。少なくとも私が学生の頃は、妙に野心家の子がたくさんいたんですよね。絶対に自分はこれで名をなしてやる、これだけは自分が「いの一番」でやり遂げてやるっていう強い意志やパワーを感じさせる人が少なくなっているなと思いますよね。死んでも転んでも、ちょっとやそっと病気しても、それでも絶対やり遂げてやるっていうパワーをぜひとも持ってほしい。持てないんだったら持てるものをまず探しましょうよ。それは勉強じゃなくてもいいんです。絶対にここまで到達してやる、というような野心を持てないようなものしか見つけられていないのであれば、たぶんそれが生かされる機会はあんまりないと思うんですよね。お金はいくらでも意志の後をついてきてくれるので、それよりも、本当の意味で自分が一生生きていく中でこれだけはやり遂げたい、というものを見つけてほしいな。見つけられないのであればたぶん今の生活の中にはないのだから、ちょっと寄り道してもいいから体力と時間のあるうちにぜひ見つけるための努力をしてほしいと思います。

関係サイト

株式会社環境ビジネスエージェンシー

Page 1 Page 2 Page 3

あわせて読みたい「自然・環境」の関連記事