本郷孔洋 理事長

一回の成功ではダメ

ビジネスサークルは、アイディアだけでやっているのが大半だと思う。でも何事も結局は論理的でないといけない。最後の成功者っていうのはしっかりと理論立てしている。たまたま、やってたら当たった、っていうのはあるよ。ただ新興市場で、上場した人たちの問題って言うのは、ロケット一個で、上がっちゃったときがピークだったということ。そこから本当は、もう一回、二段ロケット、三段ロケットをやって、大きくなっていかなきゃいけないでしょ。だから、新興市場をやった次は、どうするとか、ね。こういう風に2段3段と大きくなっていくことをサークルでやって多少は積み上げていかなきゃ。やっぱり単発は何度やってもだめ。二段、三段ロケットがないと。

MESSAGE FOR READERS

成功するコツって言うのは、成功するまで止めない、ってことらしいからさ。今の学生はそこんとこが足りないかもしれんな。みんな恵まれた生活してるから、すぐ、見切るっていうか。ウチの事務所でもこの間、一流になりたいかっていうと手を上げる人がいるんだけど、本当に一流になりたいなら生活様式から変えて、やってかないと、夢で終わっちゃうじゃん。自分がしたいことをやろうって思ってる間に四十くらいになったらもう、彼女が出来て結婚して、子供二人もできている。ときには親の介護をしなくちゃいけないとかさ。だんだん、重くなんだから。自分の子を持ったり、食っていかなきゃ駄目なんだよ、人間は。ただ、ある意味では、若いうち、本当に成功したいと思ったら、ほかを捨てないといけないね。自分の好きな彼女と家庭生活をして、なおかつ子供を育てて、というようなことは、結果的にそうなるかもしれないけど、そら全部はうまくできないよね。経営でやっていこうと思ったらやっぱり、朝から晩まで、経営のこと考えてるとかさ。そのくらいのことをしないと成功しないよな。それができたとしても、成功することは、すごいんだけどね。大変だと思うけど、頑張って下さい。

関係サイト

辻・本郷 税理士法人
本郷孔洋の ビジネスの眼

Page 1 Page 2 Page 3