安井悦子 社長

株式会社グレイス 代表取締役社長 / 安井悦子 氏

人材派遣会社勤務を経て、1995年、株式会社グレイスを設立。99年人材派遣業では初のISO14001の認証を取得。2001年環境関連求人求職サイト環境job.netを立ち上げ、各種セミナーの開催などで「グリーン雇用」の普及活動に努める。現在は株式会社グレイス取締役社長として活躍。
株式会社グレイス : 環境分野に特化した人材派遣・人材紹介、広告代理業を行う。

グレイスが目指すもの

35歳の時に派遣会社に営業部長として採用され、10年間その会社で派遣のお仕事を学ばせて頂きました。人材派遣業は非常に有意義な仕事でしたが、7年目位から社長と自分の間に考え方のずれが少しずつ生じていくのを感じ、自分の考える会社を立ち上げようと思いたったわけです。改めて再スタートという形でできたのがグレイスです。グレイスという人材派遣会社は、単に人材を派遣するのではなく、グレイスに登録しにきてくださった方達に、働く楽しさとか、働く意義、そういったことを理解していただけるような会社にすることを目的として始めました。あわせて、13年前の会社設立時から、環境意識の高い人材を、考えていかなければならない、さもなければこれからの社会に繋がっていかない、という思いがありました。環境といいましても、環境問題や地球環境というより、身近な生活環境の中の発想です。一人一人を取り巻く環境、いま働き、生きている環境を意識して、よりよい方向に変えていこう。その結果が、地球環境にもつながっていくのだと考えています。ですから私はグレイスを、環境意識が高く、なおかつ仕事を生き生きと、楽しくできるような、そういう人を増やすための場所にしよう、そういう目的を持って設立しました。

環境に関わる仕事とは?

グレイスには環境の仕事を通じて環境に貢献したいという若い人たちが多く登録に来ます。環境にいい仕事をして、社会に貢献したいという思いはあるのですが、皆どういう仕事があって自分に何ができるのかが分からない。思いだけ膨らんでしまっている現状です。そういった方々に私がいつも環境セミナーなどで申し上げているのは、実は意識次第でお仕事全てが環境によくなるということなんです。環境の仕事の中には、技術者の人とか、専門性を持った人たちだからできるものもありますけれども、そうではなくても、今やっている仕事の中に、環境に貢献できる仕事があるはずです。高いビジネススキルを持った人が環境の知識を持つと、いろいろな仕事が環境の仕事になるんですよ。だから環境の仕事というのはすごく特殊な仕事ではないということを感じて欲しいんです。身の回りの中に環境にいい仕事はたくさんありますし、それは働き方、その人の意識次第で、全て環境に良くなりますから。自分の周りを、環境という立場から意識してみてほしいんです。

Page 1 Page 2 Page 3

掲載:2008年09月02日   category:自然・環境

tag:, , , , , , , ,

あわせて読みたい「自然・環境」の関連記事